FC2ブログ

登板回避

sports_baseball_yakyuuhiji.png先週、夏の高校野球の岩手県大会の決勝で、花巻東高校と大船渡高校が対戦しましたね。

花巻東は、エンゼルスの大谷投手の母校で、大船渡は最速163キロを投げた佐々木朗希投手の存在が注目されていました。

ところが、その佐々木投手は決勝戦では登板せず、試合は2対12という大差で花巻東の甲子園出場が決まりました。

大船渡の国保監督によれば、佐々木投手を登板させなかった理由は「故障を防ぐため」だったそうです。佐々木投手自身は、監督の判断だから仕方ないとしながらも、投げたい気持ちはあったようです。

この件について、世間では賛否両論あるようですね。確かに、佐々木投手が登板していたら、もしかすると大船渡が勝っていたかもしれません。

でも、彼は前日も投げているのだから、どこか故障してしまう可能性もあるかもしれません。監督としては、とても難しい判断だったのではないでしょうか?

いくら注目されているとはいえ、佐々木投手のためのチームではないはずです。チームメイトは、みんな甲子園を目指して厳しい練習をしてきたのでしょう。

監督だって、そんな選手たちと甲子園で戦いたかっただろうし、地方大会の決勝まで来たから、もう負けてもいいやなってこれっぽっちも思わなかったでしょう。

どっちが良い、悪いということではなく、こういう問題がある以上、高校野球の日程を見直した方がよいのかもしれませんね。

いくら若くて元気な高校生とはいえ、ピッチャーが連投するのはきついはずです。準決勝と決勝の間は、せめて一日空けるぐらいのスケジュールにした方がよいのではないでしょうか?

ついでに言ってしまえば、何もわざわざ暑い甲子園で野球をしなくても、夏の大会は北海道辺りでやった方が良いのではないかとも思います。

きっと、この意見に賛同する人はいないでしょうね。甲子園でやることに意義があるのでしょうから・・・。

それはともかく、プロの世界でもピッチャーの登板の仕方は変わってきましたよね。昔は先発完投が当たり前みたいに言われていましたが、今は先発、中継ぎ、抑えと、役割が分担されています。

高校野球では、ピッチャーの人数をそれだけ揃えるのは難しいでしょうから、もう少し余裕のある日程を組んだらどうなんでしょう。

ただ、そうなると、勝ち進んだ場合の滞在費等の負担は増えるでしょうから、そのあたりを考えると、軽々しくも言えないのですが・・・。

さて、若人たちの夢や才能を潰すことなく、高校野球を運営するためには、いったいどうしたらいいのでしょう?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

三つの事件

job_news_caster_woman_serious.png先週、京都アニメーションが放火された事件がありましたね。ニュースの一報を聞いた時は、これほど大ごとになるとは思っていませんでした。

結果的に、わかっているだけでも、34人の方が亡くなるという痛ましい事件となってしまいました。

現在、安否不明になっている大半の方は、まだ将来のある20代、30代の若い方たちというのは、何ともやりきれない気持ちになってしまいます。

容疑者は、41歳の男ということですが、まだ取り調べが始まっていないので動機が良く分からないのは当然でしょうが、何やら「小説を盗んだからやった」と言っているようです。

この事件以外に、品川区の駅前の路上で、帰宅途中の会社員の男性が傘で目を突かれて、右目を失明し、さらに頭の骨も折れる全治不明の怪我をしたという事件もありました。

全治不明というという言葉を私は初めて聞きましたが、要するに、とてもひどい大怪我だということなのでしょう。

47歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕されましたが、被害者とは全く面識がなく、肩がぶつかるトラブルがあって、このような凶行に及んだようです。

かと思えば、ニュースサイトのコメント欄で意見が対立してトラブルとなった相手を殴って怪我をさせて、41歳の男が逮捕されたというニュースもありました。

ヤフーニュースに掲載された格闘技のニュースのコメント欄で意見が対立して、実際に会うこととなり、初対面の場で暴行に及んだということです。

京都アニメーションの放火の件は、まだ動機がよく分かっていないけれど、後の二つの事件は、実に些細な動機に思えます。

それにしたって、何か気に食わないことがあるからガソリンをまいて放火したり、肩がぶつかった程度で傘で目を突いたり、ネットで意見が合わないから殴ってやろうと思うものでしょうか?

どういうわけか、この三つの事件の犯人は、全員40代なんです。この三人の40代の男たちに、いったい何があったのでしょう?

こんなことが起きては、会社で仕事したり、路上を歩いたり、ネット上でコメントしたりなんて、うかつにできないような気がしてしまいます。

いったい、どんな世の中になってしまったんでしょうかねぇ・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

混雑率

train_manin_business_20190721164217ee7.png先日、東洋経済ONLINEで、首都圏の鉄道「最新混雑率」に関する記事を読みました。

国土交通省が発表した2018年度の都市鉄道の混雑率調査結果をもとに、首都圏のJRや私鉄など83線区を独自集計してランキングしたものだそうです。

それによると、混雑率1位は東京メトロ東西線の木場→門前仲町間で、混雑率199%、2位はJR横須賀線の武蔵小杉→西大井(197%)、3位がJR総武線各駅停車の錦糸町→両国(196%)、だったそうです。

電車で通勤、通学した方であれば、誰だって朝夕の通勤ラッシュを経験していることでしょう。あれは、かなり体力を消耗するはずです。

実際、ゴールデンウィークや夏休みになると体重が増え、休みが終わってしばらく通勤すると体重が元通りに戻るという経験は何度もありました。

今回のランキングで、私が利用した経験がある路線を見てみると、8位のJR埼京線の板橋→池袋間(183%)、東京メトロ丸ノ内線の新大塚→茗荷谷(169%)、26位の西武池袋線椎名町→池袋(159%)あたりです。

これを見ると、埼京線でも183%程度というのは、ある意味、驚きました。国土交通省の目安によると、混雑率200%は「体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める」レベルなんだそうです。

埼京線を始め、私が経験した混雑具合は、とても週刊誌が読めるレベルではなかった気がするのです。

埼京線の場合、乗った電車や車両の位置によっても違うのでしょうが、持っていたカバンは手を離しても床に落ちないし、雨の日は下車した時に傘の柄がカーブを描いているという有様でした。

あの当時は、新宿方面に向かって一番後ろの方が混雑していて、前の方が比較的空いていたのでいつも前の方に乗車していたのですが、それでもそんな状態でした。

42位に山手線の外回りで上野→御徒町151%とあったのですが、私はこの区間を京浜東北線で通った時期もありました。あの混雑具合で151%というのも、ちょっと信じられません。

というのも、上野からは高崎線や宇都宮線からの乗り換え客がたくさん乗ってくるのです。それは、例えてみれば、ラグビーで大勢の選手がモールを組んで突進してくるようなイメージなのです。

人が乗ってきた瞬間、乗車側の反対のドアはミシッと音を立て、身体は押しつぶされてウッと息が詰まるような状態なのです。

実際、同じ会社の女子社員で、この区間を利用していてろっ骨が折れたという人がいたほどです。

いつかは、乗っていたおばあさんが「これじゃあ死んじまう」と言っていたのを聞いたことがありましたが、まんざら冗談には聞こえませんでした。

お年寄りの方は、できることならラッシュ時の電車は避けた方が無難かと思います。席を譲りたいと思っている乗客がいたとしても、それができる状態ではないのです。

東京に比べると、その他の地域の混雑率は比較的低いようですが、例えば大阪メトロ御堂筋線の梅田→淀屋橋感は151%だそうです。

私は、御堂筋線も利用していたことがあったのですが、梅田で下車してしまい、淀屋橋まで乗ることがなかったので幸いだったのかもしれません。梅田駅は、阪急や阪神などの私鉄や、JR大阪駅からの乗り換え客が多いのでしょう。

しかし、あの通勤ラッシュはどうにかならないものでしょうか?と言っても、今のところどうにもならないのでしょうね。電車の本数を増やすのは、もう限界に近いでしょうし、時差出勤にしても、限度があるのでしょう。

企業が東京に集中しているのが、一番の原因なのかもしれませんね。もっと分散していればよいのでしょうが、今さら言われても・・・という部分もあるでしょう。

それにしても、全く見知らぬ人とあんなに接触する空間は他にないはずです。人は、誰だってストレスを抱えて生きているのでしょうが、通勤ラッシュのストレスも相当なものだと思います。

皆さん、どうかお身体を大切に!!

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

ハプニング

jiko_rakka.png先日、松の芽欠きをしました。芽欠きというのは、梅雨時に生えてくる松の新芽を切り取る作業です。

きっと、たいていは6月中ぐらいには終わらせる作業なのでしょうが、今年は雨の降る日が多く、また、面倒だったのでだいぶ遅くなってしまいました。

この作業は、年々、億劫になってしまっていて、ここ数年は7月に行うことが多くなってしまいました。年をとってくると、ついつい億劫になるものです。

ハプニングその1は、その芽欠き中に起きました。松の一番てっぺんの方の芽を欠いていた時、何やら茶色っぽいようなかたまりを見つけました。

たぶん、枯れた松葉が固まっているのだろうと思って、それをつかんで引っ張ったところ、ひと塊りになって取れました。

でも、それは枯れた松葉ではなく、鳥の巣だったのです。ちょっと小ぶりなお椀ぐらいの大きさで、中には、白い卵が4つ入っていました。大きさは、ウズラの卵より二回りぐらい小さかったでしょうか。

まさか、そんなものを取ってしまうことになるとは思わなかったので、慌てて元あった場所に戻しました。一瞬のことだったので、これでなかったことにしてもらいたいと思ったのです。

後で調べてみると、卵の色や大きさからすると、メジロのもののようなんですが、素人の私が言っているのだからあまりあてにはなりません。

でも、松の木のあたりで鳥が出入りしているところを目撃した記憶がなかったので、あんなところに巣があるとはびっくりしました。

巣があるのを知ってしまったので、あまり鳥の邪魔をしては悪いと思って、芽欠きはますますいい加減になり、適当に終わらせてしまいました。

そして、脚立を片付けるときに、雨どいの調子が悪かったことを思い出しました。ちょっと前の雨の日に、雨どいの中を雨が流れずに、表面を伝わって流れていたのです。

なので、脚立をその雨どいのそばに持って行って見てみました。すると、枯葉が詰まっているのが見えたので、それを取り除きました。

さらに、別のところの雨どいがはずれかかっているように見えたので、そこから屋根に上って直そうとした時でした。突然、脚立が倒れてしまったのです。

私は、咄嗟に雨どいにつかまり、バンザイ状態でぶら下がるはめになってしまいました・・・。

その時、家には誰もいなかったし、道を歩いている人もいなかったので、助けを求める術もありません。しばらく、ぶら下がっていた私は、もう飛び降りるしかないなと思ったのです。

高さは、1メートルちょっとぐらいだったでしょうか。大したことはないだろうと思って飛び降りたら、何だか左の足首と右の膝の上あたりに痛みがあるのに気付きました。

その時は大したことはないと思っていたのですが、時間が経つにつれ、左の足首の痛みが強くなり、腫れてきました。

捻挫にしては重症なのかなと思い、整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ、やはり捻挫で骨には異常はないということでした。

若いころだったら、あのくらいの高さから飛び降りたってどうってこともなかったでしょうが、やはり私もトシなんでしょうね・・・。

ハプニングが二度続いたわけですが、二度あることは三度あるという言葉もあります。もう一度、何事か起こるのでしょうか?

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ

日照不足

kyuuri_cucumber.pngテレビなどでさんざん報道されていますが、今年の関東地方はちょっと異常なほどの日照不足が続いています。

梅雨なんだから仕方ないのでしょうが、昨年の梅雨は異常に空梅雨だっただけに、あまりにも対照的に感じてしまいます。

読売新聞によると、7月1日~14日の都心の日照時間は、たったの5.4時間だったそうで、平年の約10%だったそうです。

また、16日まで20日間連続で日照時間3時間未満となり、61年の統計開始以来の最長記録を更新したのだとか。

昨年の7月ごろは、厳しい暑さが続きました。埼玉県の熊谷市では、41.1℃を記録するなど、猛暑が続きました。

それに比べると、気温も低いので熱中症になる可能性も低いのでしょうが、この時期にしてはちょっと気温が低すぎる気がします。

こんな気象条件に影響されるのは、やはり農作物でしょう。キュウリやナス、ピーマンなどの夏野菜の生育に影響が出て、軒並み値上がりしているようです。

あるスーパーでは、キュウリ1本が98円なんて値段が付いているようです。今の時期は、キュウリが出回る時期ですから、普通だったら3本とか4本で98円という価格なんじゃないでしょうか?

うちの畑でも、野菜の成長はあまり良くないようです。特にキュウリは、変形したり、下の方の葉っぱが枯れ始めています。こんな状態は、収穫が終わりに近付いたころに見られるものです。

植えた苗は昨年と同じ品種のものだったので、こんな状態になるのは苗の選び方が悪かったのかとも思いましたが、やはり日照不足の影響があるようです。

例年、今頃の時期だったら毎日10本程度は収穫があるのですが、今年は1日おきに2~3本しか採れないということも珍しくありません。

来週あたりには梅雨明けも期待されますが、それでようやく日照不足も解消されるのでしょうか?今まで気温が低かった分、その反動で猛暑にならなければ良いのですが・・・。

FC2 Blog Ranking に参加しています。
コンピュータ : Windows
パソコンライフ
プロフィール

コンタロー

Author:コンタロー
ようこそ!
パソコンライフ顛末記へ

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
Google

EIZOダイレクト
EIZOダイレクト 
シマンテックストア
ノートンスタンダードバナー
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
パソコン工房
29980円パソコン工房
窓の杜

forest

Vector

Vector

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる